キャットフードに小麦が使用されているか要チェック
賞味期限

キャットフードに小麦が使用されているか要チェック

人間と同じで、猫の体も食事によってつくられます。
きちんと栄養がある食事を摂っていれば病気になりにくい体をつくることができますが、栄養不足や猫に合わない原料が含まれた食事を与えることは大事な猫ちゃんの健康を害することにつながります。
ここではキャットフードに含まる小麦について詳しく探っていきます。

猫は魚が大好きと思っている人も多いでしょうが、猫はもともと完全な肉食動物です。
猫は魚が好きだと思い込んでいるのは日本人だけで、日本人の主食であった魚を昔から飼い猫に与えていたことから、勝手に猫には魚というイメージがついてしまっただけです。
もちろん猫が魚を食べないわけではなく、人間と同じように肉が好きな猫もいれば魚を好んで食べる猫もいます。
人間には肉を食べないベジタリアンがいますが、猫に野菜や穀物だけを与えるのは良いことではありません。

人間と同じくアレルギー持ちの猫もいて、実はアレルギーになる一番の原因になるものが小麦です。
猫がアレルギーを起こす食材はいろいろありますが、小麦が最もアレルギーの原因になる理由は、低価格で販売されているキャットフードに小麦が多く配合されているからです。
そもそも完全肉食動物の猫は小麦などの穀物を食べる習慣がなく、穀物を消化すること自体が苦手な動物です。
小麦などの多くの穀物がキャットフードに配合されているのは、そうすることで商品のコストを落とすことができるからです。

低価格で十分な量を確保するためは、小麦などを多く入れる必要があり、きちんと猫の健康のことを考えているメーカーが市販しているキャットフードには、ほとんど穀物が配合されていない傾向にあります。

このように、小麦などの穀物はもともと完全肉食動物である猫の食事には適していません。
キャットフードに小麦を入れる理由は商品の価格を下げるためで、猫の健康をきちんと考えている場合は、商品価格はある程度高くなりますが、過剰な穀物は含んでいません。

こちらの人気キャットフードランキングを参考にしてみてはいかがでしょうか。